ユビナガホンヤドカリ

2015.06.05(Fri)

ヤドカリってほんとに楽しい生き物です。なにしろ貝殻を背負っているのですから。元来別の生き物であった貝殻を背負って身を守るよすがとし、自分の体の成長にあわせてより大きな貝殻に移り住んでいく。一体進化の過程のどこで、このような習性を獲得したのでしょう。ちなみにヤドカリの中でも貝殻に入らないグループもあり、ヤシガニやタラバガニがそうです。

私の家の近所の海岸には、ユビナガホンヤドカリがたくさんいます。

20150605.jpg
(20150604 千葉市美浜区)

幅1、2cmの貝に入っていることが多い、小型のヤドカリです。しましまの脚がなかなかかわいらしいですね。この写真の個体は、ちょうど砂の中にはさみを突っ込んでは、何やら食べているところでした。おそらく砂中のデトリタス(有機堆積物)をあさっていたのでしょう。ユビナガホンヤドカリは、国内では北海道の石狩湾から九州まで広く分布しており、東京湾でも全域で姿を見ることができます。
関連記事
スポンサーサイト

Category: エビ・カニ類

22:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑