DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卵嚢を運ぶスジブトハシリグモ

水辺を走り回る巨大なクモ、スジブトハシリグモは、小さな水棲動物が豊富な場所を好みます。もちろん、それらを食べて暮らすためです。大きい個体になると昆虫だけでなく、カエルや魚さえも捕食してしまいます。

とりわけ巨大なやつが集まっていた谷津の奥の池で、卵嚢を抱いた雌に出会いました。

20150609.jpg
(20150605 袖ヶ浦市)

抱いていると言っても、そう見えるだけで実際には口でくわえているのです。つまり、卵嚢を保護している間、雌は絶食せねばならないということになります。そのわりにこの個体はよく太っており、体長も2cmはありました。いや、頭からお尻までが2cmということですから、脚を広げると8cm四方くらいのボリュームがあります。

スジブトハシリグモは、脚に密生した毛を用いて水面をアメンボのように走り回り、また時には潜水することもできます。もし、このクモが体長2cmではなく2mあって、水面をばばばばーって走って襲ってきたら・・・いや、人間の図体がうすらでかくて良かったなあと思います。

▽スジブトハシリグモに関する過去の記事
スジブトハシリグモ 2009.6.13
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/09 18:25 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。