オオミスジコウガイビル

2015.07.01(Wed)

谷津の奥の暗い林床で、こんな生き物に出会いました。

20150701.jpg
(20150629 佐倉市)

・・・ツヤッツヤですね。オオミスジコウガイビルです。

ヒルと言っても、人の血は吸いません。チスイビルなどは環形動物、こちらは扁形動物というのに属しており、分類的にもずいぶん違う仲間です。この種の餌は主としてミミズです。地面の状態を見ればわかる通り、このヒルが陣取ってるのはまさにミミズの糞塚の真上。ゆっくりとミミズを探す動きを動画でどうぞ。



このオオミスジコウガイビルは外来種です。原産国は中国南部とも東南アジアともいいます。86年に国内で初めて発見されましたが、その場所は何と皇居。昭和天皇も研究されています。とにかく非常に大きくなり、時に1mを越えることもあります。この写真のは15cm程度でしたが、近くにはもう少し大きいのも見つけました。名前の通り、黄土色のボディーに茶褐色の縦縞が3条入っているのが特徴です。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 7824

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 扁形動物

22:24 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑