DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キイトトンボの産卵

鮮やかな黄色のキイトトンボには、夏の日光の下をきらきらと舞う姿がよく似合います。身の危険を感じるほどの暑さの中、谷津の奥の池では、こんな不思議な姿勢のペアが多数見られました。

20150728.jpg
(20150720 袖ヶ浦市)

雌の首の上に、雄が「気をつけ」のかっこうで直立しています。この状態から、雌は水面下の植物組織内に産卵するのです。

201507281.jpg
(20150720 袖ヶ浦市)

雄がこんなふうに立っているのは、周囲を警戒するためです。時には、捕食者によって雄だけが食べられてしまい、雌が雄の死骸を首の上に立てたまま産卵する、などというシーンも現出することがあります。次の世代に子孫を残すことさえできるなら、それで一個体としての自らの役割は果たされ、死んでもかまわないというわけです。このような昆虫にとって、生殖という行動の重みは想像を絶するものがあります。

※キイトトンボ
千葉県RDB・C(要保護生物)
千葉市RDB・A(最重要保護生物)


▽キイトトンボに関する過去の記事
キイトトンボのヤゴ 2014.7.9
キイトトンボの交尾 2013.7.12
キイトトンボの未成熟個体 2012.7.14
キイトトンボの雌雄 2011.8.11
キイトトンボ 2010.8.24

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 60194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/28 23:22 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。