キイトトンボの産卵

2015.07.28(Tue)

鮮やかな黄色のキイトトンボには、夏の日光の下をきらきらと舞う姿がよく似合います。身の危険を感じるほどの暑さの中、谷津の奥の池では、こんな不思議な姿勢のペアが多数見られました。

20150728.jpg
(20150720 袖ヶ浦市)

雌の首の上に、雄が「気をつけ」のかっこうで直立しています。この状態から、雌は水面下の植物組織内に産卵するのです。

201507281.jpg
(20150720 袖ヶ浦市)

雄がこんなふうに立っているのは、周囲を警戒するためです。時には、捕食者によって雄だけが食べられてしまい、雌が雄の死骸を首の上に立てたまま産卵する、などというシーンも現出することがあります。次の世代に子孫を残すことさえできるなら、それで一個体としての自らの役割は果たされ、死んでもかまわないというわけです。このような昆虫にとって、生殖という行動の重みは想像を絶するものがあります。

※キイトトンボ
千葉県RDB・C(要保護生物)
千葉市RDB・A(最重要保護生物)


▽キイトトンボに関する過去の記事
キイトトンボのヤゴ 2014.7.9
キイトトンボの交尾 2013.7.12
キイトトンボの未成熟個体 2012.7.14
キイトトンボの雌雄 2011.8.11
キイトトンボ 2010.8.24

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 60194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

23:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑