ウスバカミキリ

2015.07.30(Thu)

今年もコヅカアートフェスティバルに参加させて頂いております。

昨年のこの時期も書いたかもしれませんが、会場であるアートガーデン・コヅカは鴨川の山中で、様々な生き物が生息しておりますので、私みたいな人間にとっては宝探し状態です。

夜になると、森の家の周りには、灯火に惹かれてたくさんの昆虫が集まってきます。ウスバカミキリも、近年北総地域では出会う機会がめっきり減りました。

20150730.jpg 201507301.jpg
(20150726 鴨川市)

大きいものでは体長6cm近くにまで達する、大型のカミキリムシです。体色は薄い褐色からほぼ黒に近い色まで、様々な個体変異があります。

幼虫は様々な広葉樹、また針葉樹の朽木から発生します。その幼虫はなかなか美味だそうで、日本でも地方によって食され、かのファーブル昆虫記にも、ファーブルがこれを料理して客にふるまう場面がかなりの長さを割いて描かれています。

***

なお、コヅカ・アートフェスティバルでは、大島健夫は今後8月1日、2日と、美術家のこまちだたまおさんと共同でワークショップを開催いたします。

大島健夫×たまあーと
「山のヌシをつくろう!」
7/27(月)、8/1(土)、2(日) 
9:30~12:00/13:30~16:00
6歳以上
受講料2000 円1グループ2名、お一人増500円です。開始時間に森の家にご集合ください。
コヅカの森を探索し、様々な自然物との出会いを通じて想像力をふくらませ、ひとりひとりの「山のヌシ」を制作しよう!というワークショップです。宜しければ是非、この週末にお会いいたしましょう。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 66076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:14 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑