モモスズメ

2015.08.04(Tue)

今年のコヅカ・アートフェスティバルで出会った生き物シリーズの第二弾は、モモスズメです。私がしょっちゅうカメラをぶらさげてうろうろしていたので、森の家のキッチンにこのガがいるのを見つけた、参加アーティストの小学生の娘さんがわざわざ呼びに来てくださいました。ありがたいことです。

20150804.jpg
(20150726 鴨川市)

そんなわけで、台ぶきんの上にとまっております。

モモスズメは開張が7~9cmほどになります。この写真でもかすかに見えていますが、名前の通り、後翅は桃色をしています。幼虫の食草はバラ科やニシキギ科の植物。成虫になると口が退化していて何も食べませんから、このガもまた、「一生の終わりに、繁殖して死ぬために羽化する」虫のひとつです。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 75642

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

20:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
103位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑