イワタバコ

2015.08.13(Thu)

大分で出会った生き物の第二弾は、イワタバコです。湿った岩壁に生育し、葉がタバコの葉に似ているので「岩煙草」。カタクリの花のように下を向いた、直径1cmちょっとの淡紫色の花はとても可憐です。

20150813.jpg
(20150807 大分県宇佐市)

葉は食用に、また漢方薬の原料ともなります。そして、山に生える綺麗な花のご多分に漏れず、このイワタバコも各地で鑑賞目的の採掘により、自生地を減らしています。見たいだけでなく、自分のものにして庭や鉢で見たいから掘る。減っても気にしない。なくなっても知らない。そういう考え方というのは、やはりあんまり誇りを持てる種類のものではないと私は思います。中高年を中心とした「山野草マニア」による採掘・盗掘により実に様々な希少な植物が減少しているという現象を目の当たりにすると、時に日本人の精神性の暗部を見る思いがいたします。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 91529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

22:12 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑