シーボルトミミズ

2015.08.15(Sat)

大分県で出会った生き物の第四弾。今日は青光りする巨大なミミズ、シーボルトミミズの登場です。

20150815.jpg
(20150807 大分県宇佐市)

この種の最大の個体は40cmを越えるようです。この写真の2頭はいずれも20cm台前半程度でしたが、それでも見つけた時は「おおっ」と思いました。大迫力です。動画でご覧ください。



地方によりヤマミミズ、カンタロウミミズなどさまざまな別名を有するこのミミズの名前は、かのフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが日本で採集し、オランダのライデン博物館に持ち帰ったことにちなんでいます。「シーボルト→ライデン博物館」というパターンは、かのニホンオオカミなどと同じですね。シーボルトミミズは日本固有種であり、東海地方あたりを東限とする西日本に分布しています。

私自身、現物に出会ったのは初めてでした。いやはや、このツヤ!

201508151.jpg
(20150807 大分県宇佐市)

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 94459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 環形動物

15:12 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑