ホシウスバカゲロウ

2015.08.20(Thu)

8月9日に、たまあーと創作工房さんの夏の特別教室で、「新しい名前をつくろう」と題して講座を開催させて頂きました。目玉が多いと見つかる生き物も多くなるもので、参加者の方が暗いトンネルの中で見つけて下さったのがこのホシウスバカゲロウ。

20150820.jpg
(20150809 長生郡一宮町)

翅の先端のほうに褐色の斑紋があるのが、ふつうのウスバカゲロウとの相違点です。成虫は夏に見られ、このような暗い場所を好むようです。体長は3cmを越えるので、ヒラヒラ飛んでいるとけっこう大きい虫に見えます。幼虫はやっぱりアリジゴクタイプで、砂地にすり鉢上の巣をこしらえて、そこに落っこちる獲物を待ち受けて暮らしているのです。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 102268

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑