カワセミ、アメリカザリガニを捕食する

2015.08.22(Sat)

ため池のほとりの木の枝にじっとたたずむカワセミ。カワセミという名前から、日本人の多くがステレオタイプに思い浮かべる光景そのまんまです。

20150822.jpg 201508221.jpg
(20150818 袖ヶ浦市)

ここから、水面下の獲物を見つけて頭からドボンと飛び込み、もとの木の枝に戻ってくるわけです。さて今回の献立はというと・・・

201508222.jpg 201508223.jpg
(20150818 袖ヶ浦市)

ザリガニでした。捕えた獲物が大きくて暴れるような場合、カワセミはそいつを枝や石に打ちつけて弱らせたりしますが、このくらいの大きさだと問題ないようで、二、三度くわえ直すとそのまま呑んでしまいました。

カワセミは清流で小魚を捕えている鳥、というイメージもまた、ステレオタイプに多くの人の中に刷り込まれていることでしょう。しかし、現実には、21世紀の今を生きるカワセミたちは、三面張り水路やドブ川のようなところにも生息し、こうしてザリガニなどを捕えて生き延びているのです。

※カワセミ
千葉県RDB・C(要保護生物)
千葉市RDB・C(要保護生物)


▽カワセミに関する過去の記事
カワセミ(♀) 2011.1.26
カワセミ@坂月川 2010.1.6

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 104076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

11:38 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑