DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タゴガエル

タゴガエルは山地性のカエルです。房総半島では、南部の丘陵地帯の渓流沿いで暮らしています。

20150825.jpg 201508251.jpg
(20150824 大多喜町)

写真でもわかる通り、その姿はヤマアカガエルにたいへんよく似ています。しかし、水かきがあまり発達していないこと、また引っくり返してみると顎の下に細かい黒いまだら状の模様があり「網かけ」みたいになっていることで区別できます。ヤマアカガエルの顎の下には、だいたいの場合、はっきりした黒い紋が点在しています。また、タゴガエルには、ヤマアカガエルの大きな個体ほどに巨大になるものはいません。

日本固有のカエルであり、その名前は動物学者の田子勝弥先生にちなんでいます。主に渓流の伏流水などに産卵し、オタマジャクシは餌をとらず、カエルに変態するまで卵黄だけで成長することができるという特徴を持っています。その生態にはいまだ謎が多く、また現在タゴガエルとされているものの中には複数の「隠蔽種」が含まれており、今後いくつかの種に分けられる可能性も多くあるようです。ひょっとしたら、いつの日かこの房総半島の個体群にも、新しい名前が冠せられる日が来るかもしれません。

※タゴガエル
千葉県RDB・B(重要保護生物)


ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 107955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/25 22:51 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。