ウミネコの幼鳥

2015.09.24(Thu)

ウミネコの幼鳥は、成鳥とはずいぶんカラーリングが違います。

20150924.jpg
(20150922 富津市)

体は茶褐色で羽には幾何学的なウロコ模様があり、成鳥では黄色い脚や嘴もピンク色です。この季節にはもう体の大きさは成鳥とそんなに遜色なくなっているので(とは言えやっぱり華奢ですね)、一見、別の種類の鳥のようにさえ見えます。もう少し秋が深まると、より成鳥に近い「第一回冬羽」に移行していくので、この姿を見られるのもあとそんなに長くありません。この写真の個体も、既に顔が白くなりかけていますね。ぱちぱち写していて、なんだか卒業アルバムの写真を撮っているような気分になってしまいました。

▽ウミネコに関する過去の記事
クロダイの死体をつつくウミネコ 2015.9.17
ウミネコ@千葉ポートパーク 2010.11.10
ウミネコ@不忍池 2009.3.20

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 85353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

23:04 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑