DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメアカネ

山あいの、湿地化した休耕田で、数頭のヒメアカネと出会いました。

20150926.jpg 201509261.jpg
(20150924 鴨川市)

ヒメアカネは、姿はマユタテアカネにやや似ていますが一回り小さく、日本でも最小のアカネです。翅胸の模様でも明確に区別することができますので、気になる方は検索などしてみましょう。まさにこの写真を撮った場所のような、周囲に樹林のある、滲出水のある湿地や休耕田によく発生するトンボで、千葉県では減少が著しく、レッドデータブックには「A(最重要保護生物)」として記載されています。全国的にもその生息地は限られる傾向があり、これには、湿田や湧水のある湿地の減少が大きく影響していると考えられています。

※ヒメアカネ
千葉県RDB・A(最重要保護生物)


ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 93850

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/28 17:35 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。