アオイトトンボの産卵・2015年

2015.10.03(Sat)

私がひそかに、千葉市内で見られる最も美しいトンボのひとつだと思っているアオイトトンボ。オオアオイトトンボとほとんど同じ姿をしているにもかかわらず(オオアオイトトンボだって綺麗なトンボですよね)、複眼がコバルトブルーに輝いているというだけで、何か見入らずにはいられないものがあります。

2009年以来ずっと、この季節に繁殖行動を観察している池で、今年もたくさんの、連結・産卵しているカップルに出会うことができました。

20151003.jpg 201510031.jpg
(20151002 千葉市若葉区)

毎年この池に観察に出かけているところからして、近隣に他に生息地があまりないということは推察されるかと思います。千葉市内ではこのトンボの繁殖に適した、挺水植物の多い、開けた池沼は多くなく、毎年ここに出向くたびに「もし今年見られなくなっていたらどうしよう・・・」という一抹の不安が頭をよぎります。実際、当然そこに目当ての生き物がいるつもりで久しぶりの場所に見に行ったら、環境が激変していてもうなんにもいない・・・などという事例には様々なパターンで遭遇してきました。今年もまた出会うことができた。去年と同じような様子で、生き物たちも元気で生きていた。そんな時には、いつもほっとするものを感じます。

※アオイトトンボ
千葉県RDB・C(要保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽アオイトトンボに関する過去の記事
アオイトトンボの産卵・2013年 2013.10.2
アオイトトンボ・2011年 2011.10.9
アオイトトンボの産卵 2010.10.15
アオイトトンボの交尾 2010.10.9
アオイトトンボ 2009.10.17

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 103723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

22:42 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
703位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
65位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑