夜間、センサーカメラに映ったタヌキ

2015.12.09(Wed)

一ヶ月以上も更新が滞ってしまい、まことに失礼いたしました。11月をすっ飛ばして、12月最初の更新となります。

この12月6日は、鴨川市内某所でネイチャーガイド任務だったのですが、その前夜、山中にセンサーカメラをセットしてみました。かねてから動物調査をさせて頂いております、上総自然学校のスタッフの方からお借りしたものであります。上総自然学校では、その管理下の谷津田で数ヶ所に常時カメラを設置し、動物の行動を記録しており、まことに興味深いデータが浮かび上がってきております。

動物が通りそうなところに仕掛けたとはいえ、たった一晩で何か映るかどうか、若干の不安も残りましたが、蓋を開けてみるとこんな映像が撮れておりました。元来は20秒ずつ4本の映像であったものを繋ぎ合せたものです。



実に立派な冬毛のタヌキです。前の日に現場の管理をしていらっしゃる方がタヌキを見たそうなので、おそらく同じ個体か、その家族でしょう。カメラが気になるらしく、行ったり来たり、しきりに匂いを嗅いだりしています。

今後、この場所でも定点観測を続けてゆく予定です。人間の近くに生息する里山の動物たちも、日中は足跡や糞、食痕などによってしかその存在を窺うことはできません。しかし、里山と言えど昼と夜とは別の顔があり、例えばイノシシなど、昼は人間が近づくと逃げますが夜はすぐそばまで近寄ってきたりもします。この場所でどのような動物がどのように行動しているのか。今後時間をかけてじっくりデータを集めてゆきたいと思います。

▽タヌキに関する過去の記事
タヌキの足跡 2012.11.9

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 135814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

19:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑