DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カノコバト

チェンマイで出会った生き物シリーズの第六弾です。チェンマイにはたくさんのカワラバトがいましたが、このキジバトに似たスマートなハトの姿もよく目につきました。カノコバトです。

20151223.jpg
(201501213 タイ)

南アジアに広く分布するハトで、日本では西表島や石垣島で偶発的に観察された記録があります。飼育下から逃げ出したものが北米やオーストラリアでも広く野生化しています。首の後ろにある、黒地に白の点々模様が「鹿子」の名の由来です。そして写真のハトの、嘴の先が白くもわもわしているのは・・・単にごはんつぶの塊をくわえているからですね。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 58993

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/23 22:31 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。