ヨシガモとヒドリガモの交雑種?

2016.01.28(Thu)

もはや1月も末ですが、新年おめでとうございます。今年最初の更新となりました。

1月14日、自宅近くの海岸でシギ・チドリのカウントをしていて奇妙なカモに出会いました。

20160128.jpg
(20160114 千葉市美浜区)

ヨシガモのようですが喉に白い部分がなく、胸部に赤みがかかっています。ヒドリガモの中に1羽混じって行動していました。羽の感じはヒドリガモの♂的で、嘴には白い部分があり、ヨシガモとヒドリガモの中間のようでもあります。

千葉県生物多様性センターのNさん、千葉県立中央博物館のK先生より、ヨシガモとヒドリガモの交雑種の可能性が高い、というご教示を頂きました。

動画も撮影いたしましたのでご覧ください。



同じマガモ属であるヨシガモとヒドリガモの交雑種というのは時折出現するようで、ネットで検索すると色々な姿のが出てきます。マガモ属の中の交雑種ではマガモとカルガモの交雑種、いわゆるマルガモがわりあい有名で、やはり両者の折衷的な色々な姿のものが出現するようです。いずれにせよ、実際にこの目で見たのは初めてのことでした。

※ヨシガモ
千葉県RDB・B(重要保護生物)


▽ヨシガモに関する過去の記事
ヨシガモの水面採餌 2014.1.21
ヨシガモ 2013.1.6

▽ヒドリガモに関する過去の記事
ヒドリガモの採餌 2013.3.7
ヒドリガモ 2010.1.12
ヒドリガモ@不忍池 2009.3.19

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 111208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

22:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑