DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カンムリカイツブリ

いつもの海岸です。海が荒れていたこの日、堤防の近くにカンムリカイツブリが1羽、来ていました。

20160218.jpg 201602181.jpg
(20160217 千葉市美浜区)

ずぶ濡れでなんだか寒そうです。波に揉まれながら、しきりに尾脂腺の脂を羽に塗りつける動作を繰り返していました。

カンムリカイツブリは、カイツブリという名から想像されるよりも大きい鳥で、カラスくらいのサイズがあります。冬羽でもご覧のように黒い「冠羽」がありますが、夏羽では首から上だけを剃り残したかのような、特異かつ鮮やかな姿になります。房総半島では冬鳥です。水にもぐっては魚などを捕えて暮らしているのですが、前述の通り海が荒れており、堤防から眺めている間はもぐろうとはしませんでした。

※カンムリカイツブリ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 116614

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/18 17:52 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。