アオバハゴロモ

2008.08.07(Thu)

ベッコウハゴロモアミガサハゴロモに続いてハゴロモシリーズ第三弾です。前の二種類とはあまり似ていませんが、これが一番ポピュラーなハゴロモかもしれませんね。



  

(20080804 千葉市若葉区)



体長1cmあまり。透き通るような瑞々しい姿をしていますが、群れをなす習性があり、植物の汁を吸って弱らせてしまうので、だいたいは害虫扱いです。この写真ではミカンの木に集まっています。


カメラを近づけたりすると、ハゴロモの仲間の常で葉の裏にスルリと回り込んだり、プッと飛んで逃げたりしますが、暑い日中などは日陰であまり動かずじっとしていることが多いです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

21:50 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑