夜間、水辺に現れたニホンイタチ

2016.03.29(Tue)

谷津田の春。まずはアカガエルが産卵に現れ、地域によってはトウキョウサンショウウオも現れ、次にヒキガエルも・・・と次々と両生類が水辺に現れるのは、周囲の環境が良く、田んぼが荒廃していないひとつの証左。それらの両生類は、様々な捕食動物を誘引し、その餌ともなります。

こうしてイタチもやってきます。


(20160229 袖ヶ浦市)

この時設置していたトレイルカメラには、この映像以外にも、イタチが水中を泳ぎ回る素晴らしいシーンが撮影されており、何とかそれをアップロードしたかったのですが、トラブルでアップできませんでした。

魚、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類。様々な小動物を巧みに捕食し、時には自分より大きな獲物さえ倒してしまう小さな猛獣・イタチ。カメラを回収に行った時、泥の上には小さなモミジのような足跡が残されていました。

▽ニホンイタチに関する過去の記事
ニホンイタチの轢死体 2012.7.13
ニホンイタチの足跡 2012.6.11
ニホンイタチ 2010.12.21

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 165263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

20:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑