DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アカエイの死骸をつつくハシブトガラスの群れ

近所の海岸です。ハシブトガラスが波打ち際にいっぱい集まって何か大きなものをつついています。以前も、同じ海岸でスズキの死体をあさっているところを紹介しましたが、今回は何でしょう。

近づいてみると・・・

20160402.jpg
(20160330 千葉市美浜区)

アカエイです。引き潮で打ち上げられたものでしょうか。カラスはどんどん集まってきて、エイをついばんでいきます。



そのスピード。力強さ。こういうのを見ると、鳥の先祖が恐竜だという話もリアルな実感とともに信じられる気がいたします。人が通りかかったのでカラスたちがいったん逃げ、その隙にエイを撮影してみると、

201604021.jpg
(20160330 千葉市美浜区)

「砂浜に打ち上げられた謎の巨大生物の死体」みたいになってました。この後、カラスたちは再び舞い戻り、エイをどんどん食べ尽くしていくのでした。

▽ハシブトガラスに関する過去の記事
スズキの死体をあさるハシブトガラスたち 2015.9.15ハシブトガラスの集団水浴び 2015.3.24
ハシブトガラスの採餌 2012.9.23
ハシブトガラス 2009.6.24

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 144240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/02 12:25 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。