DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オモダカ

田んぼの中に、稲に混じって白い花が咲いています。オモダカです。




 

(20080809 千葉市若葉区)


手前に、三角形に尖った葉が写っているのがお分かりいただけると思いますが、これが下半分が二股になっていて鏃みたいに見えるので、『Sagittaria trifolia』という学名がつけられております。 Sagittariaというのはラテン語で「矢」を意味するsagittaという言葉に起源するのです。



 

(20080809 千葉市若葉区)


基本的には水田雑草ですが、我が国においてもこの特徴的な葉の形が文様として図案化され、広く家紋としても用いられています。『沢瀉紋』というのがそうで、かの毛利元就や福島正則、豊臣秀次などが使用しています。やはりこの矢のような葉の形が武家には縁起が良く、また、オモダカ、すわなち「面高」は、「面目が高い」「面目が立つ」に通じると考えられていたそうです。花は秋まで見ることができます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/08/10 21:23 ] 山野草 | TB(-) | CM(2)
1. 無題

ひっそりと咲く花に歴史を感じちゃいました(^^)
[ 2008/08/11 03:00 ] [ 編集 ]
2. オモダカは

>くーこさん
きっと昔から人目に触れてきたんでしょうねえ。

昔の人と同じものを見ていると思うと何か気持ちも新たな感じがしますね。
[ 2008/08/11 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。