DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハシボソガラスの部分白化個体

この日は生物多様性センター主催の『生命のにぎわい調査団現地研修会』というものがありまして、銚子市に行きました。

現地に着いて歩き出し、まず出会ったのがこの、ハシボソガラスのような姿ですが羽と顔が白っぽいカラス。

20160508.jpg 201605081.jpg
(20160507 銚子市)

生物多様性センターのNさんにお尋ねすると、やはりハシボソガラスであるとのこと。こうした部分的に白いカラスはたまにいるらしく、私も千葉市内で見たことがあります。ネットで検索してみると、その白化の程度にはずいぶんバリエーションがあるようで、風切羽の根元だけが白いものから、ほぼ全身が白いものまで様々な写真が拾えます。時折、新聞種になったりもしています。そうした新聞記事によると、数万羽に一羽の割合で出現する(2009年3月の北國新聞)というお話も。皆様も気をつけていると折々出会えるかもしれません。

▽ハシボソガラスに関する過去の記事
ハシボソガラス@栄町 2010.1.27
ハシボソガラス@千葉公園 2010.1.16
ハシボソガラス 2009.6.18

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 136503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/08 22:45 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。