チュウガタコガネグモ

2016.05.20(Fri)

これまでにこのブログでは、コガネグモコガタコガネグモは紹介したことがありますが、このチュウガタコガネグモは初登場です。大・中・小のうちの真ん中というわけです。

20160520.jpg
(20160518 袖ヶ浦市)

谷津田の林縁に網をこさえていました。チュウガタコガネグモの網は、X型の隠れ帯が特徴ですけれど、この網ではまだそれは不完全ですね。背中の模様はコガネグモに似るもののやはり異なっており、微妙な人面ふうです。

チュウガタコガネグモは、千葉県のレッドデータブックへの記載こそありませんが、コガネグモ、コガタコガネグモよりも明らかに数が少なく、この谷津田でも通うこと5年目にして初めて出会いました。こうしたコガネグモの仲間は農薬や化学的な汚染に極めて弱く、生き残っていることは、それ自体が健全な里山環境が保たれている一つの証左でもあります。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 145383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

20:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
103位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑