DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンの営巣

パリで出会った生き物第二弾は、千葉でも河川や池などでおなじみの鳥、バンです。しかしこれには驚きました。なんと、ホテルの裏の公園の、ちっちゃな人工池で営巣していたのです。

20160602.jpg 201606021.jpg
(20160524 フランス)

ご覧のような環境です。岸辺から飛び蹴りすれば余裕で当たるほどの距離。バンは確かにこのように、植物を用いて皿状の巣をこしらえるのですが、通常警戒心がとても強く、河川などで巣を見つけても不用意に近づいて刺激しないように気をつけなければなりません。下手にカシャカシャ写真など撮ろうものなら営巣放棄という事態にだってなりかねないのです。それがここでは、すぐそばで大勢の人が昼寝をし、運動し、散歩し、ランニングしているという環境でちんまりと営巣しています。よほど皆にそっとしておかれているのでしょう。

翌日、翌々日と通うとこのバンは、公園の中をペタペタと歩き回り、人がいてもぜんぜん意に介しません。ところ変われば何とやら。自分の知らないことはまたまだたくさんあるのだなあという思いがいたします。

※バン
千葉県RDB・B(重要保護生物)


▽バンに関する過去の記事
バン@泉自然公園 2009.12.7
バンの幼鳥@大百池 2009.9.15
バン@坂月川 2009.4.16

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 40741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/02 20:47 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。