DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホシムクドリ

パリで出会った生き物シリーズ・第四弾はホシムクドリです。

20160605.jpg 201606051.jpg
(20160527 フランス)

日本には、九州や南西諸島その他にたまーに飛来することがある程度のこの鳥。原産地はヨーロッパから中央アジアあたりです。北米やオーストラリアなど世界の様々な地域に人為的に持ち込まれ、それらの地域で大繁殖して在来生態系を圧迫しているため、国際自然保護連合(IUCN)の定める「世界の侵略的外来種ワースト100」にその名を連ねています。こうした動物が世界に人為的に拡散したその背景には、ヨーロッパ列強の植民地主義が見え隠れしています。気になる人は「順化教会」とかのワードで検索してみましょう。

ともあれ、ホシムクドリ自体は非常に美しい鳥です。全身を覆う斑点に、複雑な緑や紫の光沢が絡まり、国立自然史博物館の敷地で出会ったこの個体も、きらきらと輝くようでした。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 71321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 22:01 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。