DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケヤキナガタマムシ

タマムシというと、だいたいの人はヤマトタマムシを思い浮かべるかと思います。しかし、実際にはタマムシ科の昆虫というのは日本国内にざっと200種も存在しており、その姿も派手なものから地味なものまでいろいろです。

ナガタマムシの仲間のケヤキナガタマムシは、赤紫色のメタリックの頭胸部、深みのある黒色メタリックの鞘翅と、なかなか美麗な外見です。

20160612.jpg
(20160611 鴨川市)

とまっているのは私の指で、体長は約1cmほど。名前の通り、幼虫はケヤキの伐採木などから発生します。よく似たムネアカナガタマムシとは、鞘翅の後端がとんがっていることで区別することができます。きわめてよく飛ぶ虫で、この個体も写真を撮り終った直後、プーンと飛び去っていきました。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 111681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/12 20:05 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。