ケヤキナガタマムシ

2016.06.12(Sun)

タマムシというと、だいたいの人はヤマトタマムシを思い浮かべるかと思います。しかし、実際にはタマムシ科の昆虫というのは日本国内にざっと200種も存在しており、その姿も派手なものから地味なものまでいろいろです。

ナガタマムシの仲間のケヤキナガタマムシは、赤紫色のメタリックの頭胸部、深みのある黒色メタリックの鞘翅と、なかなか美麗な外見です。

20160612.jpg
(20160611 鴨川市)

とまっているのは私の指で、体長は約1cmほど。名前の通り、幼虫はケヤキの伐採木などから発生します。よく似たムネアカナガタマムシとは、鞘翅の後端がとんがっていることで区別することができます。きわめてよく飛ぶ虫で、この個体も写真を撮り終った直後、プーンと飛び去っていきました。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 111681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

20:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑