クロアゲハの吸水

2008.08.11(Mon)

今までこのブログでは、駅のホームで偶然見かけたアオスジアゲハ 以外、アゲハチョウの仲間の成虫を取り上げてきませんでした。身の回りにいないからではありません。アゲハもキアゲハもクロアゲハもカラスアゲハも、その他いろいろたくさんいるのですが、アゲハチョウというのはあまりひとつところにじっとしていないため、写真が撮りにくいことおびただしいのです。


ですが、この日は地面で吸水しているところに出っくわし、写真を撮ることができました。



   

(20080809 千葉市若葉区)


この二匹がきているのは日陰になっている農道沿いの溝で、雨が降ると水がたまり晴れが続くと干上がる、という感じの場所です。こうして水分とミネラルを補給し、かつ同時に排泄もして体温を調整し、体をリフレッシュさせているようです。つくづく思いますが、野生の生き物というのは、例えば暑ければ暑い時の、寒ければ寒い時の行動をちゃんととり、自分でコンディショニングをきちっとします。そんなことさえできないのは人間だけです。人間ほど自分の体に悪いことを平気でやる生き物は他にはいません。まあ、私もその一味なわけですが。



   

(20080809 千葉市若葉区)


クロアゲハといっても決して漆黒なわけではなく、カラスアゲハほどではないにせよ、光線の具合で微妙なブルーの味わいを見せます。やっぱり大きいチョウには独特の品がありますね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

18:34 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。