クロスジコウガイビル、カタツムリを捕食する

2016.07.24(Sun)

ショウガの葉の上で、コウガイビルがカタツムリを襲っているのに出会いました。クロイロコウガイビルかと思いましたが、黒い正中線が一本通っています。クロスジコウガイビルのようです。

20160724.jpg
(20160722 千葉市緑区)

このコウガイビルの仲間は、ヒルとは言ってもヤマビルやチスイビルとはおおいに違う仲間で、人の血などは絶対に吸わず、カタツムリやナメクジ、ミミズなどを捕食しています。この写真のコウガイビルは体長4cm程度でしょうか。巻きつかれているのはコハクオナジマイマイのようです。

捕食行動とは言え、こうなるとたいへん動きが少ないので、15分後、もう一度見に来ました。

201607241.jpg
(20160722 千葉市緑区)

実はコウガイビルの口は先端ではなく腹部、人間で言うとおへそのあたりにあるため、このようなかっこうになるのです。さらに2時間経過すると、

201607242.jpg
(20167022 千葉市緑区)

食べるだけ食べたらしく、離脱をはかっているところ。これだと口のありかがはっきりわかりますね。最初の写真に比べるとずいぶん膨れているのがわかると思います。全部のダイジェストを動画でどうぞ。クロスジコウガイビルはクロイロコウガイビルとともに日本の在来種で、湿った森林や民家の庭などでよく見られます。



本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 124001

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 扁形動物

12:43 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑