DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アオバアリガタハネカクシ

昨夜は明かりに飛来する虫を調べる「灯火観察」ということをやっておりました。そこへ、アオバアリガタハネカクシがやってきました。

20160824.jpg
(20160823 袖ヶ浦市)

ハネカクシというのはこんなアリかハサミムシみたいなかっこうをしていますが甲虫の仲間で、小さいながら体のまんなかあたりにちゃんと鞘翅があります。その中でもこのアオバアリガタハネカクシはあまり虫に詳しくない人でも名前を知っていることがあるはずで、なぜなら毒を有しているからです。

その毒はペデリンというもので、体液に含まれています。つまり、この7mmくらいしかない虫が肌についているのを、うっかり叩き潰したりしてしまうと皮膚に炎症を起こすことになり、腫れや水ぶくれができて痛みを伴います。目に入ったりするとさらに厄介なことになります。体にとまっても慌てて手で叩いたりせず、息で吹いたりしてそうっと払いのけましょう。

成虫は夏の間見られます。比較的水辺に近い環境でよく見られ、このように灯火にもやってきます。雑食性です。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 73352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/24 13:45 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。