クロベンケイガニ

2016.10.03(Mon)

昨日のエビガラスズメの記事と同じく、旧中浜小学校跡地をご案内頂いている際に、校舎周辺で数頭のクロベンケイガニに出会いました。校舎のあたりは湿地帯になっています。

20161003IMG_4510.jpg 20161003IMG_4530.jpg
(20160927 宮城県亘理郡山元町)

河口域でよく見られるカニで、陸上で暮らしはしますが水からそう遠く離れることはありません。ベンケイガニよりも黒っぽく、アシハラガニと比べると甲羅の側面に切れ込みがありません。色を別にすればアカテガニにやや似ていますが、甲羅の表面がより盛り上がっています。

この地で暮らしていたカニたちは、大津波で一度さらわれたはずです。繁殖のために海と陸とを行き来するこのようなカニたちは、5年半の歳月を経て、校舎の跡地で暮らしています。

※クロベンケイガニ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 160405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: エビ・カニ類

13:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑