DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モンスズメバチの巣

さて、舞台は房総半島に戻ります。

谷津田の奥の斜面林にスズメバチの巣がある、ということで案内して頂きました。スギの木の根元の裂け目にあるのは、モンスズメバチの巣でした。



ちょうど小雨が降りけむっており、多数の働きバチが巣の入口で待機状態です。モンスズメバチはこうした樹洞や民家の壁の中など、閉鎖空間的なところに好んで巣をこしらえます。夜間も働きバチが活動するのも特徴で、暗くなってからも飛んでいます。セミをよく狩り、肉食性も強いハチです。巣の中の「育房」は、大きな巣だと4000を越える数になります。

▽モンスズメバチに関する過去の記事
コナラの樹液を吸うモンスズメバチ 2015.9.18

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-12-19
売り上げランキング : 151633

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/04 15:46 ] 昆虫類・ハチ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。