ミドリヒョウモンの産卵

2016.10.05(Wed)

谷津の奥の暗い森を、木漏れ陽を縫うようにミドリヒョウモンがふわふわ飛んできました。

一瞬、私の体やカメラにもとまり、なんじゃらほいと思ったら、スギの木の幹で産卵を始めました!卵を産む場所を探していたのですね。

20161005IMG_4634.jpg
(20161002 佐倉市)

10秒前後で位置を変え、この木の数ヶ所に産卵していました。産みつけられた卵はそのまま卵または若齢幼虫で越冬し、来年の梅雨の季節には成虫が見られるはずです。ひとつそれを楽しみに待っていましょう。

※ミドリヒョウモン
千葉県RDB・C(要保護生物)


▽ミドリヒョウモンに関する過去の記事
夏の終りとミドリヒョウモン 2012.8.24
ミドリヒョウモン(♀) 2011.6.24
ミドリヒョウモン 2010.9.19

愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~
大島 健夫

マイナビ出版 2015-02-26
売り上げランキング : 174789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

13:04 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑