DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イトマキヒトデ

星形をしたヒトデのなかでも、このイトマキヒトデは日本全国の海岸、港やら磯やらで出会う機会の多いポピュラーなヒトデです。

20161027IMG_4796.jpg
(20161019 山口県長門市)

子供の掌ほどの大きさで、緑や青の体に赤い模様の入った、なかなかカラフルな姿です。しかし、引っくり返すと裏側は強烈なオレンジ色で、ちょっぴり毒々しいものがあります。

そのオレンジ色の中心のところに口があり、そこから胃を吐き出して獲物にくっつけ、体外消化をして食べてしまうという恐ろしい生態を持っています。このようなヒトデやウニ、ナマコなどがは「棘皮動物」という仲間に属しており、なんと実のところ、我々哺乳類が属する脊椎動物の仲間と、わりあい分類上近いところにいるのです。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 115577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
[ 2016/10/27 19:47 ] 棘皮動物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。