ヌマガエル

2016.10.31(Mon)

香月泰男美術館周辺の田んぼを歩くと、畦道の草むらからたくさんのヌマガエルが飛び出してまいりました。

20161031IMG_4867.jpg 20161031IMG_4874.jpg
(20161019 山口県長門市)

ヌマガエルは、ツチガエルによく似ていますが、ツチガエルほどイボが目立たず、つるんとした姿をしています。時には上の写真の右のように、背中線のある個体もいます。

元来南方系のカエルで、琉球諸島から本州にまで自然分布しているただ一種のカエルでもあります。本来は中部地方以西に生息しているはずなのですが、近年、関東地方にも人為的に移入された個体群が定着してしまっており、千葉県内でも繁殖が確認されています。「国内外来種」と呼ばれる生き物のひとつです。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 127487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

23:41 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑