ヤマアカガエルの繁殖行動

2017.02.01(Wed)

この日は、前日に雨が降り、かつ急に温かくなったというのがミソでして、湧水が流れ込む谷津の奥の池にはついに冬眠から覚めたカエルが集まってまいりました。ヤマアカガエルです。

20170130IMG_5932.jpg 20170130IMG_5939.jpg
(20170130 袖ヶ浦市)

1頭や2頭ではなく、数百頭はいるかというおびただしい数です。しかも見ている間にどんどん増えていきます。これが、近隣の池がある全ての谷津の奥で同じように繰り広げられているのです。

まだ日が高いというのに繁殖行動が繰り広げられています。啼き、争い、抱接しと文字通りの蛙合戦。凄まじいことになっています。動画でどうぞ。



鳴嚢は頬に一対あります。トウキョウダルマガエルなどに比べるとちょっと後ろの方にあるように見え、この写真などだとほとんど腕の付け根ですね。

20170130IMG_6024.jpg
(20170130 袖ヶ浦市)

上の動画から30分後に見に行ってみると、早くも卵塊が。

20170130IMG_6028.jpg
(20170130 袖ヶ浦市)

このあたりの谷津にはニホンアカガエルとヤマアカガエルが同所的に生息しているのですが、ヤマアカガエルの方が早く、水源に近いところに産卵することがこれで確かめられたのでした。2017年の春がいよいよ始まるのです。

※ヤマアカガエル
千葉県RDB・C(要保護生物)


▽ヤマアカガエルに関する過去の記事
ヤマアカガエル 2011.10.3

愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~
大島 健夫

マイナビ出版 2015-02-26
売り上げランキング : 190921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

22:24 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑