キクガシラコウモリ

2017.03.15(Wed)

たまあーと創作工房のこまちだたまお先生にお誘い頂きまして、房総のコウモリ研究の泰斗・大藪健先生のご案内のもと、洞窟探検に行って参りました。

まずは冬眠中のキクガシラコウモリが、天井からぶら下がっておりました。

20170314IMG_6168.jpg
(20170314 いすみ市)

体長は7cmほどですので、見た目のボリュームは大きなガぐらいしかありません。それでも体毛が生えた姿はまごうかたなき哺乳類で、まことにかわいらしいものです。こうした洞穴をねぐらとし、夜間行動して昆虫を採食するという暮らしをしています。先に書きましたように現在は冬眠中ですので、あんまり動きません。

20170314IMG_6188.jpg 20170314IMG_6233.jpg
(20170314 いすみ市)

ほんのわずかな岩の凹凸に、うまいこと足の指の爪を引っかけてぶら下がっています。間近で観察しますと、この足の爪はなかなか鋭く、忍者の使う道具のような機能性を感じさせます。

この日はこのようなコウモリを数百頭単位で観察することができ、夜もコウモリの夢を見るくらい圧倒的な経験をさせて頂きました。大藪先生、皆様、ありがとうございました。もう一種類、コキクガシラコウモリも観察することができましたが、それとこの洞窟で出会った他の生き物についてはまた明日以降。

※キクガシラコウモリ
千葉県RDB・C(要保護生物)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

23:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑