DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コキクガシラコウモリ

コキクガシラコウモリは、昨日紹介したキクガシラコウモリよりさらに二回りほど小さく、体長は4cmほどしかありません。洞窟の天井からぶら下がっていると、大きな耳とあいまって、角度によってはまるで猫のおもちゃか何かのようにも見えます。

20170314IMG_6207.jpg 20170314IMG_6227.jpg
(20170314 いすみ市)

空を飛ぶコウモリというのはたいへん体重が軽くできていて、このコキクガシラコウモリの場合、5gから9gくらいしかないそうです。これは500円硬貨一枚分程度の重さでしかありません。この洞窟ではやはり多数が冬眠中で、ほとんど身動きもせずにじっとぶら下がっておりました。

コウモリという動物は不思議なもので、どのような過程をたどってこの形態になったのかは実のところよくわかっていません。最古のコウモリの化石は5000万年以上前のものですが、その時にはすでに我々の知っているこのコウモリの姿をしていたのです。近年の遺伝子解析による研究からは、何と奇蹄目や食肉目にわりあい近縁であるらしいことが示されています。このコウモリと馬が遠い親戚筋にあたるとは、いやはや自然界というのはすごいものですね。

※コキクガシラコウモリ
千葉県RDB・C(要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/16 23:08 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。