コキクガシラコウモリ

2017.03.16(Thu)

コキクガシラコウモリは、昨日紹介したキクガシラコウモリよりさらに二回りほど小さく、体長は4cmほどしかありません。洞窟の天井からぶら下がっていると、大きな耳とあいまって、角度によってはまるで猫のおもちゃか何かのようにも見えます。

20170314IMG_6207.jpg 20170314IMG_6227.jpg
(20170314 いすみ市)

空を飛ぶコウモリというのはたいへん体重が軽くできていて、このコキクガシラコウモリの場合、5gから9gくらいしかないそうです。これは500円硬貨一枚分程度の重さでしかありません。この洞窟ではやはり多数が冬眠中で、ほとんど身動きもせずにじっとぶら下がっておりました。

コウモリという動物は不思議なもので、どのような過程をたどってこの形態になったのかは実のところよくわかっていません。最古のコウモリの化石は5000万年以上前のものですが、その時にはすでに我々の知っているこのコウモリの姿をしていたのです。近年の遺伝子解析による研究からは、何と奇蹄目や食肉目にわりあい近縁であるらしいことが示されています。このコウモリと馬が遠い親戚筋にあたるとは、いやはや自然界というのはすごいものですね。

※コキクガシラコウモリ
千葉県RDB・C(要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

23:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑