DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セスジナミシャク

セスジナミシャクは開張2cm半程度。平地から低山地までごく普通に見られるシャクガですが、いつ見ても何度見ても、その翅の幾何学模様には目を奪われてしまいます。

20170428IMG_6856.jpg
(20170428 千葉市緑区)

火花が散ったようというか、紙を折りたたんだ跡のようというか、不動明王の背後の炎のようというか、とにかく不可思議かつ躍動的でなかなか目が離せません。春と秋に成虫が出現し、幼虫の食草はアケビなど。皆様の目には、この模様は何に映りますでしょうか。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 11759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 22:18 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。