トガリハチガタハバチ

2017.05.19(Fri)

ムモンホソアシナガバチが、葉の上で何やら双翅目の昆虫を捕えている・・・と思いきや、よく見ると胴体にくびれがなく、模様のパターンや全体の雰囲気も微妙に異なっています。これはハチガタハバチ、いや、触角の先の方が白いので、トガリハチガタハバチです。

20170515IMG_7164.jpg 20170515IMG_7167.jpg
(20170515 四街道市)

ハチガタハバチ、というのはなんだかめちゃくちゃな名前ですが、要するにアシナガバチのような強いハチに擬態しているハバチ、というわけです(ハバチは毒針を持たない)。幼虫は植物の葉を食べるのですが成虫はご覧の通り虫を襲ったりします。体つきもけっこうがっちりしていて、別にアシナガバチのふりをしなくても強そうです。個体数は意外と少ないようで、私自身、県内で出会ったのは初めてでした。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 172737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

22:23 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑