モートンイトトンボ(♂)

2017.06.01(Thu)

谷津の奥にあるこの池では一昨年、昨年と観察してきたモートンイトトンボ。今年は雄を撮影することができました。

20170530IMG_7479.jpg
(20170530 袖ヶ浦市)

夕闇が迫る時刻、池の周囲の草むらを飛び交っておりました。体長は3cmほどしかなく非常に細いので、目を切るとすぐに見失ってしまいます。しかし、腹部が橙色をしたその姿は非常に美しいものです。

モートンイトトンボの確実な産地は、県内では10ヶ所程度しか知られていないそうです。この場所では、管理している方の奮闘努力の甲斐あって、この三年間、むしろ増加傾向にある印象です。昨年と同じくその姿を見ることができた、あるいは昨年よりも多くなっているのを確認できた、というのは、継続して調査を行う上で非常に嬉しいものがあります。まして、こうした希少な生物の場合はなおさらです。

※モートンイトトンボ
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


▽モートンイトトンボに関する過去の記事
モートンイトトンボの未成熟♀ 2016.5.18
モートンイトトンボ 2015.6.19

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 165561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

17:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑