マルウンカ

2017.06.09(Fri)

マルウンカは、大きさという形といいまるでテントウムシのようです。しかし、よく見ると目玉の大きい変な顔をしていて、甲虫ではないことがわかります

20170607IMG_7608.jpg
(20170607 富津市)

カメムシ目ヨコバイ亜目の中のハゴロモ上科、マルウンカ科に属しています。このぼってりした体つきがウンカの仲間というのもなんだか不思議ですね。広葉樹林や林縁などの植物上で見られ、様々な植物の汁を吸って暮らしています。白い斑紋には個体によってかなりの変異があり、中には無紋に近いものもいます。夏の間、成虫の姿を見ることができます。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 177315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

21:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑