コナラの樹洞に作られたニホンミツバチの巣

2017.06.13(Tue)

富津で出会った生き物シリーズ、まだ続きます。ニホンミツバチの巣に案内して頂きました。


(20170607 富津市)

巣箱をご覧になったことのある方は多いと思いますが、樹洞に構えられた野生の巣に近づく機会はそうそうありません。ここではコナラの木に巣を作っています。19世紀末にヨーロッパから導入されたセイヨウミツバチに対し、ニホンミツバチは元来日本列島に生息していた在来種です。大ざっぱに言って、生産性や飼育のしやすさなどの点ではセイヨウミツバチの方が様々な点で勝っているのですが、その蜂蜜そのものの質は一歩も劣るものではない、というお話は、養蜂をなさっている方に伺えば色々と教えてくださることでしょう。

また、セイヨウミツバチと異なり、ニホンミツバチは「蜂球」を作ってオオスズメバチと戦う能力を有しています。ただし、一部でどこかのバカが道徳の授業に用いて少しだけ話題になったように、その能力はニホンミツバチにしかないというのは真っ赤な大嘘です。ニホンミツバチはトウヨウミツバチの亜種でして、この能力はトウヨウミツバチはみんな持っているもの、イコール中国や韓国のミツバチも普通にこれをやります。動物の生態を恣意的に捻じ曲げて子供に変なことを教えることは、決してあってはならないと私は思います。そのような事例こそが、むしろ道徳というものは何かを考えさせる材料そのものになることでしょう。

▽ニホンミツバチに関する過去の記事
ニホンミツバチ 2008.3.9

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 59684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

18:35 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑