DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミカドガガンボ

何であれ、通常より大きいというのは迫力があるものです。林縁で出会ったのは日本最大のガガンボ、ミカドガガンボ。

20170628IMG_7883.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

これだといまいちサイズ感が伝わりませんね。ものさしと一緒にどうぞ。

20170628IMG_7884.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

・・・というわけでこのミカドガガンボ、体長が3cmから4cm、翅を拡げると7、8cmほどにもなります。まるでトンボのような大きさです。飛ぶ時の翅の音もまことに立派なのですが、そこはやはりガガンボ。体のつくりは華奢で、この写真の個体も脚が一本ありませんね。もちろん人の血を吸ったりはせず、成虫になるとほとんど水を舐めるだけのようです。夜は灯火にもやってきます。

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-10-30
売り上げランキング : 93319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/03 13:58 ] 昆虫類・ハエ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。