DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメマダラミズメイガ

23日の夜に、夜間、光で昆虫を誘引する「灯火観察」を行いました。今日からしばらく、そこで出会った虫たちを紹介します。

まず、ヒメマダラミズメイガ。

20170823IMG_8654.jpg
(20170823 袖ヶ浦市)

なりも小さく模様も別に派手ではないですが、その生態はなかなか面白いのです。ミズメイガ亜科の仲間というのは、チョウ目のくせして幼虫が淡水中で生活するのです。ヒメマダラミズメイガの場合、サトイモ科のウキクサ亜科、またはトチカガミ科、ヒシ科、スイレン科などを食草とし、水面に巣をこさえてその中におさまっています。

この灯火観察を行った場所は、様々な規模の複数の溜め池を周囲に抱える谷津田。集まってきた虫の多くは、こうした、水に関わる生活史を持つ虫たちでした。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 164749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/25 15:41 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。