クロスジマダラミズメイガ

2017.08.27(Sun)

灯火にやってきた虫シリーズ第三弾はクロスジマダラミズメイガです。開張2cm少々しかないけれどもオレンジ、白、黒の配色が鮮やかで、美麗と言えば美麗なガです。

20170823IMG_8703.jpg
(20170823 袖ヶ浦市)

幼虫が淡水中で生活するミズメイガ亜科の常で、水田や湿地の近辺で見られます。幼虫の食草はよくわかっていないようです。ちなみに、よく似た模様のマダラミズメイガの幼虫はスイレンの葉を食べています。

幼虫が水中で過ごし、成虫になると空を飛び回る昆虫というとトンボの仲間が真っ先に思い浮かびますが、このミズメイガ亜科のガ、そしてアブの仲間のかなり多くの種など、実際にはそうした生活史を持つ昆虫はかなりたくさんいるのです。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 191791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:34 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
66位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑