DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤマトシミ

昨日まで、23日夜の灯火観察で出会った虫を紹介してまいりました。家に帰るまでが何とやら、とよく申しますが、その23日の夜、宿舎に戻るとそこにいたのがこいつです。

20170823IMG_8751.jpg
(20170823 袖ヶ浦市)

シミです、シミ。紙魚と書いてシミ。障子だの和紙だのの表面を食べることからその名があります。この写真のはどうやら「ヤマトシミ」のようです。

体長は1cmばかり。体の両サイドに脚がいっぱいあるように見えますが、これは「腹肢」というもので、本当の脚は他の昆虫と同じ3対6本です。腹肢があるのは、この虫が原始的であり、かつて多足類などと同じ先祖から派生してきた昆虫類の先祖をの特徴を残しているものだと考えられています。無変態で、幼虫・成虫の別なく生涯脱皮を繰り返し、その一生を通じてその姿はあまり変わらず、翅がなく飛ぶこともできない、など、いずれもやはり原始的な特徴です。4億年以上前と言われる昆虫出現時の形態を残すこのシミ。家屋の隅っこなどでひっそり暮らしています。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 167760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/31 16:08 ] 昆虫類・シミ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。