クサノオウ

2008.08.22(Fri)

クサノオウです。農道脇の日当たりの良い土手などに、しばしば群生しています。ケシ科の越年草です。


  

(20080820 千葉市若葉区)



四弁の黄色い花は一見、何の変哲もありませんが、多数の雄しべの中に長い雌しべが一本だけ生えており、よく見るとなかなかおもしろい姿をしています。クサノオウは「草の王」「草の黄」とされることもありますが、実際には「瘡の王」とする説が有力なのだそうで、古来、皮膚病などに効く生薬として用いられてきたということです。とは言え、ケシ科だけあってアルカロイドを含んでおり、基本的に有毒なので、やり方のわからない素人は余計なことをしないほうが良いでしょう。


黄色という色のせいもあるでしょうが、太陽光の下で見ると生き生きとした生命力を感じます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:54 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. これ。


こういう姿してるのかー。

いえね、先日「西の魔女が死んだ」という本読んでて出てきたんですよ。主人公のおばーちゃんが孫娘に教えてました<毒>でも眼病に効くらしいです。そこでも「使い方を間違えれば毒になりますから、今はまだ貴方は触らないほうが良いでしょう」と教えていました。

それでどんな姿しているのかな、と思っておりました。わー。ためになるサイトだ。

2008.08.22(Fri) 23:34 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. まさに


>ルイさん
使い方を間違えると毒ですね。

「西の魔女が死んだ」は未読なのですが、作者と気が合いそうです(笑)。

今後ともためになるサイトとして皆様のお役に立ちたいと思っております。

2008.08.23(Sat) 20:52 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑