鳴くニホンアマガエル

2008.09.03(Wed)

アマガエルの声といえば、ゲコゲコ、グワグワグワ・・・という、まごうかたなきカエル声。ではどうやって鳴くかというと、喉を膨らまして鳴くのです。



   

(20080903 千葉市若葉区)


顔だけ出して控えめに鳴いているこいつは、写真を見ればわかる通り、8月26日のブログで取り上げたやつ と同じカエルです。この隙間を根城にしているのです。


正面から見ると、このようなスタイルになりますね。



 

(20080903 千葉市若葉区)


ずいぶん膨れていますが、この程度だとまだまだで、本気で鳴き出すと顔よりも大きく喉を膨らませます。この膨らむ部分は筋肉でできた袋で、「鳴嚢」というものです。


これがだいたい昼前の写真で、このときはよく晴れていましたが、「こいつが鳴き出したってことは雨になるかな?」と思っていたら案の定、午後に激しい夕立が降り出したことは、近隣在住の方ならご承知の通りです。こんなふざけた顔をしていますが、さすが「雨」ガエルなのでございます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

22:53 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. きゃー。


どうもカエルを見ると同じよーな事しか言えないのですが↑。

さすが雨カエル。えらいじょ。本能に入ってるんだなぁ。雨が降るって。何でわかるんだろー。

しかし右上の写真、こそっと隙間から顔出してるとこ、「あれ~?」ってキャプション入れたいくらいナイスショット。いいなぁTakさんちの近所、こんなにカエルがいて。

2008.09.03(Wed) 23:16 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. ほんとに


>ルイさん
不思議ですよね。なぜわかるのか。

雨の多いこの夏の後半はそこら中にカエルがいます。えへへへ。<なんだその笑いは

2008.09.04(Thu) 22:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑