ニホンアカガエル

2008.09.09(Tue)

5月に上陸したての子供を取り上げましたが、今回は立派なおとなです。成長すると5~7cmもの大きさに達します。



   

(20080904 千葉市若葉区)


20年前にはどこにでも掃いて捨てるほどいたアカガエルですが、最近では千葉市のレッドデータリストで最重要保護動物に指定されている有様です。実際、数はすごく減っているのですが、私の見るところ、「いるところにはまだたくさんいる」「いないところには全くいなくなった」という印象です。要するに、単純化すると、産卵場所としてふさわしい水辺環境が残されているか、そしてその水辺環境が、生息地となる雑木林と分断されていないかどうか、ということが重要なのだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

21:44 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. ややっ。


新種だ<違

見たことないカエルだーっ。
でもワタクシの気に入っているカエルの置物に激しく見かけが似ている。エゲレスにはいない種だと思うのに。

カエルばっか増えるのもあれかと思うけど、やっぱりカエルには元気で生きてて欲しい・・・。

2008.09.09(Tue) 22:36 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. 一度


>ルイさん
エゲレスのカエル事情について調べてみたいものですな。

アカガエルは千葉の農村では古来ポピュラーなカエルです。元気で生きてて欲しいものです・・・

2008.09.10(Wed) 21:28 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑